住まいを介護仕様にリフォームするのは、これから必要となってくることなのである。

母親が突然要介護状態になってしまった

介護仕様へのリフォームは長い目で考えるべき

要介護レベルに合わせてプランニングする

介護用リフォームに強い業者を捜す

住まいを介護仕様にリフォームする

今、高速道路や駅なので、決まって目にするものが、障碍者用のトイレ、点字ブロック、エレベーター…。障碍者の方達が以前より生活しやすい環境が整えられている。公共の場と呼ばれるところは嘘みたいに段差がなく、フラットだし、使いやすいように工夫がなされている。介護には非常にやりやすい空間となっている。

そのような工夫を家に取り入れたいという、心の声をキャッチしたものがリフォームの業者。別に、リフォーム業者を批判する気はないけど、手すりを家につけるにしても、扉を変えるにしても費用が結構かかってしまう。日本人の一般的な平均年収は300万くらいだし、そこから手すりや扉のリフォームの費用に割くことはなかなか辛いものがある。そこで、まずリフォーム業者に自分から相談する前に、区役所、市役所、病院に相談した方が良い。援助が受けられる可能性があるから。援助なしで介護用のリフォーム商品を買うのと、無しで買うのは、費用的に全然違うのである。自己負担金は0円とまではいかないけど、はるかに安くなるのである。

賢く費用を安くした方が絶対に良い。住まいを介護用にリフォームをすることを考えているのなら、この方法を是非とも試してもらいたい。

住まいを介護仕様にリフォームする

住まいを介護仕様にリフォームする母親が突然要介護状態になってしまった介護仕様へのリフォームは長い目で考えるべき要介護レベルに合わせてプランニングする介護用リフォームに強い業者を捜すサイトマップ
Copyright(C) 2011 - 住まいを介護仕様にリフォームする - All Rights Reserved.